育児に頑張るママを応援♪ 親子の笑顔あふれるサロン

トイレのドアを開けられる!赤ちゃんのいたずら対策。

突然ですが、このブログをご覧いただいているママさん、赤ちゃんのいたずらにお悩みではないですか?

ねえね
うちのママは、勝手にトイレのドアを開けられて困るって言ってたよ
おとうと
だって、中でママが何をしているか気になるんだもん
というわけで、わが家がやっていた対策法をご紹介します。

トイレのドアを開けるいたずら

産まれたばかりの頃は、寝返りも出来なかった赤ちゃんが、1歳を迎える頃には立ってよちよち歩き始める。
赤ちゃんの1年の発育には毎日驚かされますね。

昨日できなかったことができるようになっていて、驚きの毎日。
そんな我が子の成長・発達は嬉しいものです。

ただ、赤ちゃん自身でできることが増えてきて、ママが悩むのが、【赤ちゃんのいたずら】。

うちの子たちもいろいろやってくれました…。

長女は私がお風呂に入っている隙に、雛飾りにふりかけをかけていました(なんで!?)。
長男は、オープンラックに置いてあった本を床に落として散らかすのが大好きでした。

そして、なぜか我が子二人が大好きだったのが、【トイレに入る事】。

歩き始めて、家のドアノブに手がかろうじて届くようになった頃、トイレのドアを開けて中に入るのです。

ドアノブにも興味があったでしょうし、ママの私がドアを閉めて入るトイレの中に興味でもあったのでしょう。

お願いだから、トイレには入らないで~

でも、トイレって、そんなに清潔な場所じゃない。
マメに掃除をするようにはしていましたが…。
便器の中に手を突っ込んで遊ばれるようなことがあれば…

「キャー~~」…悲惨です。

というわけで、最初はトイレのドアの前に大きな椅子を置きました。
重ための椅子を置いたので、子どもたちは椅子を移動させることができない。
なので、トイレのドアを開けられない。

「よし!これでいたずら対策はばっちり♪」

と思ったのですが…。

いざ、自分がトイレに入るときに椅子を移動させるのが、結構面倒。
しかも、当時住んでいたのは狭めのマンション。
トイレ前の廊下に大きな椅子が“デンッ”と置かれているのは、なんとも邪魔でした。

我が家の対策方法

そこで考えたのが、コレ↓

ドアノブに鍵

50円玉(5円玉でもOK)に紐を通して、ドアノブにかけておくのです。

トイレの鍵って、外からも開閉できるでしょ?
それを利用したのです。

今の家のトイレは引き戸なので、こんな感じ↓

トイレの鍵

百均で売っているフックをつけて、それに50円玉を引っかけています。

トイレに入るときは、この50円玉で外から鍵を開けて入る。
トイレから出た時は、この50円玉で外から鍵をかける。

これで、赤ちゃんが勝手にトイレのドアを開けて中に入ってしまうことはなくなりました。

各ご家庭に合わせた対策を

ただ、お金を子どもが触るのは嫌、という方もいるかもしれません。
私も途中からそれが気になりまして。

50円玉をトイレの鍵の溝に入る薄さの飾りがついたキーホルダーに変えました。
キーホルダーだったら、触られてもお金よりは気にならない。

ただし、赤ちゃんが誤って飲み込んでしまわないように、手の届かない位置にかけたり、50円玉やキーホルダーが安易に外れないように気を付ける必要があります。

各ご家庭によって、お家の環境などが違うでしょうから、全ての方に有効な対策とは言えないかもしれません。
が、わが家はこうして対策していました。

赤ちゃんのいたずらにお悩みのママさんのご参考になりましたら、幸いです。


大阪のベビーマッサージ、ベビーヨガ教室
「Happy Hug-ハピハグ-」

子連れOKのママさん向けのレッスンを様々開催しています。
ぜひ、ご参加ください(要予約)。

>【ハピハグの子育て情報配信中】

【ハピハグの子育て情報配信中】

ハピハグの最新情報やお得な情報を受け取れるLINE登録がおススメです。LINE画面からレッスンご予約も可能です。ぜひご登録ください
☆複数登録OKです☆
●ベビーマッサージ、親子ヨガ、骨盤スリムヨガはコチラ
●ハーバリウム、タイルクラフト、スクラップブッキングはコチラ
●ママのカメラ教室はコチラ

メールマガジンも配信中♪登録はコチラ